2020年03月16日

日銀はコロナショック回避で政策対応

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界の金融市場が激しく動揺し経済への深刻な影響がおよぶおそれが高まっているため、日銀は16日、金融政策決定会合を前倒しで開き、追加的な政策対応を決める。

日銀は、さきほど今週の18、19日に予定していた金融政策決定会合を16日正午から前倒しで開催すると発表。

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念で、ニューヨーク株式市場や東京株式市場などでは大幅な株価の下落が続き、世界で金融市場の動揺が続いている。

これを受けて、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会が日本時間の16日朝、臨時の会合を開いて、政策金利を一気に引き下げて事実上のゼロ金利政策に踏み切ることを決定し、これに合わせる形で日銀やヨーロッパ中央銀行などが協調して、市場にドル資金の供給を拡充すると発表した。

また、日銀はこうしたFRBなどの動きを踏まえ、前倒しで会合を開いて、新型コロナウイルスの感染拡大が経済に影響するのを抑えるため金融市場に大量の資金を供給したり、企業の資金繰りなどを支援したりする追加的な政策対応を決めることになった。

日銀が前倒しで金融政策決定会合を開くのは異例ことである。
posted by Kounai Majima at 10:04 | Comment(0) | 日記